上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.15
こんにちは。松尾無精です。

今年の紅葉は、10月下旬になっても暖かい日が続きました。
でも、11月になってグンと冷え込み、
鳴子峡の見ごろは、例年より10日ほど遅かったようです。

今は、連日の強風や雨によって落葉をむかえ、
すっかり冬の景色へと移り変わりを見せていました。


鳴子峡・回顧橋(みかえりばし)からの景色 鳴子峡・回顧橋(みかえりばし)からの景色 鳴子峡・回顧橋(みかえりばし)からの景色
先月に開通した鳴子峡・回顧橋(みかえりばし)からの景色


今回は紅葉狩りの観光客にも喜ばれている大深沢遊歩道をご紹介しましょう。
この遊歩道は、平成20年10月に新設された遊歩道です。
実は前年の落石によって一部通行止めになっている鳴子峡遊歩道ですが、
このことから、地域資源を活かして、歩きやすく快適な遊歩道の設置が求められ、新設されました。
道幅が約4mもあり、勾配もゆるやかな道が約1.5㎞で、
約40~50分で歩くことができます。


大深沢遊歩道 大深沢遊歩道 大深沢遊歩道
大深沢遊歩道(残念ながら撮影時には、ほぼ落葉をむかえていました)


「大深沢遊歩道駐車場」の入り口から入ると、
鳴子峡レストハウスの第3駐車場前に出ます。

遊歩道の脇には、モミジ、クリ、トチノキの他、
ナラやクヌギ、ブナが葉を広げています。
この季節はどの木も色づいていますよ。

休憩所も多く設置されており、
多くの人が足を休め、ベンチで座りながら紅葉を楽しんでいました。
歩きやすいので、新緑の時期から夏も涼を求めて訪れる人も大勢います。

大深沢遊歩道マップはこちら


第3駐車場から中山平温泉方向に国道沿いを進むと、
右手に見えるのがふきゆ荘さんです。


湯ったり ふきゆ荘 湯ったり ふきゆ荘
湯ったり ふきゆ荘


昭和50年に「吹湯荘」として営業を始めました。
その時は「仙庄館」さんの露天風呂近くで営業していたそうです。
その後、平成9年に現在の国道47号沿い新規営業しました。

中山平温泉が環境省の保養地として認定されているひとつに、
バリアフリー対応の温泉施設があるということも理由の一つとか。
「ふきゆ荘」では、以前あった浴室の片方をバリアフリーにしつらえ直し、
介護者入浴ができるようにしました。

そのため宿の「湯」は一つしかありませんので、
日帰り入浴の際は「貸切り入浴」になります。
事前に問い合わせてからにしてくださいね。


ふきゆ荘・乳白色の温泉
ふきゆ荘・乳白色の温泉


お湯は天然の硫黄泉で、季節や外気温によって乳白色になることもあります。
源泉は生き物で気まぐれ、夏だと乳白色のお湯に変わるそうですよ。
リーズナブルな上に、高齢者や障害者の方に優しいお宿です。



ぶしょう
松尾無精 記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。