上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.02
こんにちは。松尾無精です。

今回は、ちょっと視点を変えて中山平温泉の手技について。
ご紹介するのは佐藤漆工房・ギャラリー漆木舎(うるしごや)さんです。

オーナーの佐藤建夫さんは、この道45年になろうという大ベテラン。
でも、そんなことをおくびにも出さず、楽しいお話と、
フットワーク軽く飛びまわる中山平温泉観光協会の役員さんでもあります。


佐藤漆工房・ギャラリー漆木舎 ギャラリー漆木舎 佐藤工房 佐藤建夫さん
佐藤漆工房・ギャラリー漆木舎と佐藤建夫さん


その佐藤さんが鳴子漆器と出会ったのは昭和41年のこと。
お父さんの勧めで、漆器の職人となり、その後、鎌倉彫、越前漆器も学び、
昭和56年に独立して「佐藤漆工房」を設立しました。

現在の「ギャラリー漆木舎」は、平成12年にオープンしたもので、
約190年前の古民家を利用し、梁や柱、建具まで、
佐藤さんの漆工の技で塗りあげられた総漆塗りのギャラリーです。

古民家の移築・再生には、古遊工房・遊佐建築さんが手がけてくれました。

ギャラリーの建築漆塗装をきっかけに、一般の住宅や店舗の塗装、
お寺や神社の漆塗装や修復も手掛けるようになりました。
息子さんは京都で仏像や寺社の修復を手がける漆職人として働いているそうです。

ギャラリーには佐藤さんの漆器が展示されていますが、もちろん販売も。
梯や椀・お盆などの什器のほか、2階には「漆絵」の作品がずらりと展示されています。


漆器や漆絵の展示・販売も行っています 漆器や漆絵の展示・販売も行っています 佐藤さんの作品
漆器・漆絵の展示・販売も行っています。


もちろん、ギャラリーですから「鑑賞」に訪ねるのもOKだし、
コーヒーも飲めますから、中山平・南原の「アート・カフェ」のような存在です。
古民家の縁側に腰掛けて、カップを片手に眺める南原の里山の風景は、
とっても郷愁を誘われるなごみの風景でした。

   【佐藤漆工房・ギャラリー漆小舎】
   時間:9:30~17:00(火曜日定休)
   電話:0229-87-2361
   ※冬期間は雪の状況によりますので、問い合わせの上うかがってください。

看板犬のナナちゃんとアースくん 看板犬のナナちゃんとアースくん
看板犬のナナちゃんとアースくん


ギャラリーでは、ゴールデンレトリバーのナナちゃんとアースくんが
お出迎えしてくれますよ。




ぶしょう
松尾無精 記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。