上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.17 おくのほそ道
こんにちは。松尾無精です。

前回の軽井沢入り口である
中山宿跡周辺の解説のつづきから。

義経伝説による弁慶の錫杖(しゃくじょう)が
山神として祀られているのが「山神社」です。
この社をよく見てみると、
右手には「龍神」、「八幡大菩薩」の碑があります。


山神社 龍神碑
山神社の社殿と、龍神碑


そして、社の装飾にも、「あ・うん」の龍の彫り物が。
弁慶のありがたい錫杖(しゃくじょう)、
そして竜神と八幡大菩薩が祀られている山神社。
御利益もあろうというものです。
ありがたや、ありがたや…


山神社「あ・うん」の龍神の彫り物 「あ・うん」の龍神
「あ・うん」の龍神の彫り物が


この山神社を過ぎて「旧街道」というにふさわしい、
うっそうとした杉木立を200mほど進みます。
すると突然、目の前に西原の田園風景が広がります。
右手にのどかな田んぼや大柴山に連なるブナの原生林を眺めつつ、
平坦な道を歩くこと約1.2㎞、軽井沢への入り口の道標が目に入ります。

西原地区の田園風景 西原地区の田園風景 軽井沢入り口の道標
「軽井沢入り口」へ向かう途中の田園風景


林の中のきれいに整備された道を200mほど進んだところに、
軽井沢を渡る板の橋が架けられています。
ベンチもあり、ちょっと一休みできます。


板の橋が架かる軽井沢 苔むした道が柔らかい軽井沢コース 軽井沢付近のベンチ
板の橋が架かる軽井沢。すぐそばにはベンチも


この軽井沢コースは、
出羽街道中山越えの難所といわれる
小深沢・大深沢のアップダウンのきつい山道とは違い、
苔むした道が柔らかくて足に負担がかからず、
やさしい木もれ日が心地いいなだらかなコースです。

ときおり吹く涼しい風にピタリとセミや鳥の声がやむと、
松尾無精と曽良豆の足音だけがひびく森の中。
いや、本当にリフレッシュできますよ!

軽井沢コースのよさは、なだらかで歩きやすいというだけではなく、
国道47号からの便利さも見逃せません。



中山平温泉観光協会・中山平温泉旅館組合が春と秋に開催している
ノルディックウォーキングのルートとして使われているというのも納得です。

ちなみに、今年の秋のノルディックウォーキングは
9月25(土)・26(日)日に開催されます。
今年は新しいルートがお披露目される予定だそうです…

秋のノルディックウォーキングの詳しい情報はこちら


この先、庚申碑を過ぎて陣ヶ森に入ると、
また義経伝説に出会えるのですが、
そのお話は、また後編で…


奥の細道・出羽街道中山越えルートマップはこちら



ぶしょう
松尾無精 記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。