上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.14 その他
こんにちは。曽良豆です。

だいぶ更新が遅れてしまい、すみませんでした。
今回で、このブログも 最終回 となりました。

そして、ついに・・・。

「おくのほそ道 散策マップ」
できあがりました!!


印刷の立会いに行ってきたのですが、
マップが印刷されている光景を見て、この半年あまりの取材や制作の過程が、
まるで走馬灯のように思い起こされました。



実際にできあがったマップはこちらです。


まずは表紙から。


おくのほそ道散策マップ【表紙】
おくのほそ道散策マップ【表紙】


表紙は、小深沢にある石段の写真を使っています。
いかにも古の道!といったかんじで、味わい深いですね。


中を開くと・・・。


おくのほそ道散策マップ【表面】
おくのほそ道散策マップ【表面】


中山平の地域資源が、
「観」「楽」「食・買」「癒」「技」
のカテゴリごとに紹介されています。


そして、裏面を見てみると・・・。


おくのほそ道散策マップ【裏面】
おくのほそ道散策マップ【裏面】


昨年の夏、松尾無精と曽良豆が、
頑張って歩いた汗と涙の結晶ともいえる、
「出羽街道中山越」の散策マップが一面に紹介してあります。


ついについに、できあがりました!


このガイドマップは、
中山平温泉を中心とした周辺地域に、
置かれる予定となっております。
詳細は、中山平温泉観光協会までお問い合わせください。

あわせて、「おくのほそ道散策マップ」のホームページも
公開予定となっておりますので、お楽しみに!



それでは、最終回ということなので、
最後に松尾無精からも一言いただきましょう。

ぶしょう

    『新年に、めでたく完成した「おくのほそ道 散策マップ」。
     まことに、まことに、めでたいことです!!
     中山平および関係者の皆さま、
     半年にわたりお世話になりましたこと、
     心より感謝申し上げます。』
     
     - 松尾無精 -



最後に、
取材にご協力してくださった中山平の皆様、
ブログを読んでくださった皆様、
本当に感謝しております。
ありがとうございました。



ぶしょうそらまめ
 松尾無精&曽良豆 記



スポンサーサイト
2010.12.24 その他
こんにちは。曽良豆です。

前回に引き続き、
中山平の見どころをジャンルに分けてご紹介していきます。

「食・買」
中山平には地域でとれた食材を活かした食事処があります。
国道に隣接するお店もありますが、
国道からちょっと脇道に入っていっても素敵なお店に巡りあえますよ。

足湯につかりながら
温泉水を使った蕎麦を食べられる藤治朗さん。

素敵な囲炉裏のそばで
旬の食材と会話を楽しめる田舎やさん。

新鮮な野菜と山菜の食事が
ボリューム満点の食堂上野食堂・やまおやじさん。


板そば 藤治朗 「いろり亭 田舎や」 上野食堂・やまおやじ
左から:板そば藤治朗、いろり亭田舎や、上野食堂・やまおやじ


鳴子温泉を一望見下ろす
見晴らしの良いレストランさつき亭さん。

美容と健康にオススメの
カテキン茶そばが味わえる「七福神」さん。

お食事だけでなく
軽食・喫茶としても利用ができる笑楽さん。


ファミリーれすとらん さつき亭 そば処七福神 食事処 笑楽
左から:さつき亭、そば処七福神、食事処笑楽


また、中山平ならではのお土産品もたくさんあります。

温泉をボトリングした
天然アルカリイオン温泉水の玉鳴号

その「玉鳴号」を使った、
中山平温泉の完全オリジナル地酒「中山平」「大谷川」

地域の自然環境を活かしながら
無農薬・無化学肥料で栽培された「ブルーベリー」
それを原料につくられた果汁100%ジュースリキュールジャム


天然アルカリイオン温泉水「玉鳴号」 純米吟醸酒「中山平」「大谷川」 ブルーベリージャム「鳴子の瞳」
左から:玉鳴号、「中山平」「大谷川」、ブルーベリージャム


鳴子の米プロジェクトを中心につくられている、
冷めてもおいしいお米ゆきむすび

中山平で栽培された「ブルーベリー」と「ゆきむすび」を使った
中山平アイスクリーム

地域の郷土料理であり、鳴子の名物でもあるしそ巻き


ゆきむすび 中山平アイス(ブルーベリー味)中山平アイス(ゆきむすび味) 仙台味噌を使った手作りのしそ巻き
左から:ゆきむすび、中山平アイスクリーム(ブルーベリー・ゆきむすび)、しそ巻き


これらのお土産品は、
温泉旅館やにてお買い求めいただけます。


倉加屋・中山平簡易郵便局 イイダストアー 遊佐商店
中山平温泉駅前商店街(左から:倉加屋、イイダストアー、遊佐商店)



「癒」
中山平温泉は、古来より湯治が盛んな出湯で、
環境省指定の国民保養温泉地です。

お湯はぬるぬる、つるつるとした感触があり、
「美人の湯」として知られています。

14軒の温泉宿と1軒の公衆浴場が点在しています。

源泉を木樋で自然冷却し、
源泉100%掛け流しの公衆浴場しんとろの湯さん。

鳴子温泉で唯一、
温泉の飲料許可を持つあすか旅館さん。

源泉の宿として愛される
和風温泉旅館菊地旅館さん。

ロビーには熱帯魚が泳ぎ、
ゆったりのんびりくつろげる宿三之亟湯さん。


100%天然温泉かけ流し公衆浴場 しんとろの湯 あすか旅館 菊地旅館 三之亟湯
左から:しんとろの湯、あすか旅館、菊地旅館、三之亟湯


大谷川のせせらぎと
月見の露天風呂、情緒たっぷりの仙庄館さん。

うなぎ湯とされる、
とろとろぬるぬるの美肌湯琢さん。

つるつるとした泉質で
湯治にオススメのつるの湯さん。

とろりとした温泉に
日本庭園を眺めながら入れるなかやま山荘さん。


月見の宿 仙庄館 名湯秘湯うなぎの湯 琢 天然岩風呂の温泉 つるの湯 なかやま山荘
左から:仙庄館、琢、つるの湯、なかやま山荘


良質の泉質と眺めの良い露天風呂で
ゆったりできる鳴子やすらぎ荘さん。

ラドンに自家源泉を混入し、
珍しい効能がある温泉鳴子らどん温泉さん。

四季の移ろいを楽しめる庭園と、
とろりとした美肌の湯花渕荘さん。

渓流露天風呂が魅力の
湯治宿東蛇の湯さん。


船員保険保養所 鳴子やすらぎ荘 鳴子らどん温泉 花渕荘 湯治の宿 東蛇の湯
左から:鳴子やすらぎ荘、鳴子らどん温泉、花渕荘、東蛇の湯


季節によって
お湯の色が変化をみせるふきゆ荘さん。

源泉掛け流しを
総ヒノキ風呂で楽しめる星の湯旅館さん。

現在は休業中ですが、
中山平一の高pH値の温泉丸進別館さん。


湯ったり ふきゆ荘 星の湯旅館 丸進別館
左から:ふきゆ荘、星の湯旅館、丸進別館


これらの温泉では日帰り温泉や、
加盟温泉11軒としんとろの湯では湯めぐりスタンプラリーが楽しめます。

中山平温泉のマスコットキャラクターには、
ころころと可愛らしいゆころんがいます。
今年にはゆころんグッズが誕生し、
中山平温泉の新しいお土産品として人気を集めています。


中山平温泉マスコットキャラクターゆころん ゆころんTシャツ ゆころんグッズ
ゆころんとゆころんグッズ


また、ウォーキングで疲れた体や湯あがりのリラクゼーションには、
大久保整体療術院がオススメですよ。

まだまだ紹介しきれませんが、
中山平にはこの他にも魅力がたくさんあります。

実際に訪れて、観て食べて癒されて楽しんでくださいね!!




そらまめ
曽良豆 記
2010.12.15 その他
こんにちは。曽良豆です。

芭蕉が通った道「出羽街道中山越」の周辺には、
中山平温泉を始め、多くの見どころが満載でした。

「観」
四季折々の見どころを持つ中山平。
取材は春の終わりから初冬までの半年だけでしたが、
季節の様々な変化を見つけることができました。

新緑映える6~7月。
大きくそびえ立つ神の木大桜
南原ホタルの里で見た無数の小さなホタルの光、
古くからそこにあり続ける中山平の雄大な自然を感じました。


楢の大木 神の木 中山平駅前の大桜 南原ホタルの里
神の木、大桜、南原ホタルの里


そして紅葉がピークだった10月下旬。
名所・鳴子峡の見事な紅葉だけではなく、
新名所となりつつある岩堂沢ダムの紅葉も素晴らしいものでした。
また、紅葉が一足遅いイロハモミジの鮮やかな色合いも圧巻です。
今年の紅葉の様子はこちら


鳴子峡 岩堂沢ダム(蛍泉湖)の紅葉 イロハモミジ
鳴子峡、岩堂沢ダム、イロハモミジ


「楽」
中山平初めての取材となったのはノルディックウォーキング
温泉×ノルディックウォーキングが最高の組み合わせです。
中山平の自然を活かしたアウトドアがこれからもっと増えていくといいですね。


ノルディック・ウォーキング ノルディックウォーキング
ノルディックウォーキング


今年10月にオープンとなった中山平遊歩道
大深沢遊歩道」「鳴子峡」と合わせて
新たな遊歩道の仲間入りとなりました。
トンネルを抜ける電車が上から見下ろせる見晴らし台があります。
SLが走る時期には、ぴったりの撮影ポイントとなるかもしれませんね。


新中山平遊歩道 見晴らし台
中山平遊歩道


また、ブログでは紹介できませんでしたが、
2月に「スノーランタンフェスタ」というイベントが毎年開催されています。
降り積もった雪のなかで光るランタンはとても神秘的な光景のようです。


スノーランタンフェスタ スノーランタンフェスタ スノーランタンフェスタ
スノーランタンフェスタ


「技」
中山平には様々な技を持った職人さん達が点在しています。

鳴子で有名な「鳴子漆器」だけでなく、
漆を使った独自の「漆絵」も描いている佐藤漆工房さん。

清楚でやさしい表情の「鳴子こけし」を、
中山平で今も作られている上野こけし店さん。

「鳴子太鼓」を作り始めて50年以上という歴史を持ち、
全ての工程を今でも手作業で作り続けている鳴鼓堂さん。

伝統工法で取り組む「古民家再生」を請け負い、
木の文化、自然素材を大切にしている古遊工房さん。

中山平に移り住み、「陶芸」を楽しみながら、
ろくろや手捻りで素朴な作品を生み出している宿星窯さん。


鳴子漆器(佐藤漆工房) 鳴子こけし(上野こけし店) 鳴子太鼓(鳴鼓堂)
鳴子漆器、鳴子こけし、鳴子太鼓

古民家再生(古遊工房・遊佐建築) 陶芸(宿星窯)
古民家再生、陶芸


中山平にはまだまだ魅力がたくさんです!

・・・後編~「食・買」「癒」~へ続く


そらまめ
曽良豆 記
2010.12.03 その他
こんにちは。曽良豆です。

以前、取材中に出羽街道中山越
お一人で歩いている方にお会いしたことがあります。
なんでも街道が好きで歩いているのだそうです。

その方の他にも取材をしていて、
「奥の細道」、「松尾芭蕉」、「義経伝説」などが好きな人は
随分多くいるのだということを感じました。
更に驚きなのは、そういった方の多くは、
全国中をくまなく歩かれているということです。
(取材中にお会いした方も、ほとんどが遠い県外から来られた方でした!)

歩いてみるにも情報源がインターネットしかないという場所もあるようで、
奥の細道(出羽街道中山越)のマップはありませんか?と、
駅などに問い合わせも多数頂いているそうです。
そういったお話を伺うと、ガイドマップの必要性と重要性を感じます。



さて、そのガイドマップの詳しい内容を紹介したいと思います。

まずは、表面。
表面には出羽街道中山越の周辺に広がる中山平温泉の地域資源を、
「観、楽、食・買、癒、技」の大きく5つに分けて紹介しています。

「観」には、中山平の大自然を中心とした見どころ。
「楽」には、中山平で開催されるイベントや大勢でも楽しめるスポット。
「食・買」には、中山平の飲食店や商店街、お土産品。
「癒」には、中山平の温泉を中心とした情報。
「技」には、中山平の熟練した技を持つ職人さん達を。
それぞれ、中山平の魅力満載で紹介しています。


そして裏面。
紙面を目一杯使った中山平のマップに、
GPSを用いて導き出した出羽街道中山越の道筋が加わっています。

俳聖・松尾芭蕉の書いた「おくのほそ道」や、
出羽街道中山越の史跡の紹介など、
おくのほそ道・出羽街道中山越を大解剖しています。

マップには、駐車場・トイレ・休憩所はもちろん、
道標や距離も表示しておりますので、
出羽街道中山越を歩く時にとても便利なマップになっています。


そして、このブログもマップの制作が進むにつれて、
終りへと近づいてきました。

ということで、
次回からは、今までの取材を振り返る総集編となります!




そらまめ
曽良豆 記
2010.08.04 その他
中山平温泉の新しいマスコットキャラクター
「ゆころん」のぬりえコンテストを開催致しております。
皆様からのご応募をお待ちしております。

愛称募集に際しましては、
皆様からたくさんのご応募とともに
温かいお言葉や励ましをいただきましたこと厚くお礼申し上げます。

感謝とご愛顧を願い「ゆころん」ぬりえコンテストを開催いたしますので
皆様からのご応募をお待ちしております。

応募期間は、平成22年7月20日(火)~8月31日(火)となっています。

コンテストの詳しい内容については、
こちらをご覧ください ↓ ↓
ゆころんぬりえコンテスト.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。