上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.07
こんにちは。曽良豆です。

みなさん、飲める温泉はご存知でしょうか??
中山平温泉には飲用許可を持つ温泉旅館があります。

あすか旅館さんは、
旅館内に「飲泉所」があり、
温泉「あすかの湯」をそのまま飲むことができます。

温泉と聞くと、硫黄の匂いや苦味を想像してしまいますが、
ぬるめの温度で、無色透明・無味無臭の
まろやかで飲みやすい温泉でした。

この温泉を飲むと糖尿病、アトピー、冷え性、
免疫力低下、花粉症などに効果があるそうです。
ポリタンクで汲みにきている方がいるほど人気の飲める温泉です。


あすか旅館 飲める温泉「あすかの湯」
飲める温泉「あすか旅館」


内風呂は、檜風呂で少し熱めの内から温まるお湯でした。
マイナスイオンの酸素がブクブクとでている家族風呂もあり、
肌にやさしく美容・健康に効果的な温泉でした。


あすか旅館 女湯内風呂 あすか旅館 男湯内風呂 あすか旅館 男湯内風呂
内風呂(女湯)、内風呂(男湯は2つ)

あすか旅館 露天風呂 マイナスイオン化酸素 家族風呂
露天風呂、マイナスイオン化酸素の家族風呂


「あすか旅館」の詳しい情報はこちら


また、中山平温泉には以前ご紹介した(→こちら
天然アルカリイオン温泉水「玉鳴号」があります。

この「玉鳴号」の源泉が買える焼スパ温泉スタンドが、
中山平温泉焼石亦地区に10月1日からオープンしました。


みちのく精水工場内にある「焼スパ温泉スタンド 玉鳴号」
みちのく精水工場内にある焼スパ温泉スタンド

玉鳴号の源泉が10リットル/100円で買えます。 コイン式温泉スタンド「玉鳴号」 大正天皇献上馬「玉鳴号」の像が祀られています。
コイン式温泉スタンド 隣には大正天皇献上馬「玉鳴号」の像が祀られています。


場所は、玉鳴号を製造しているみちのく精水工場内にあり、
温泉スタンドの建物の中には、
大正天皇献上馬「玉鳴号」の像が祀られています。

「アルカリ性単純温泉・低張性アルカリ性高温泉」の泉質で
疲労回復などの効能があるという温泉を
10リットル100円で買うことができますので、
ポリタンクなどの入れ物(10リットル以上)をご持参ください。

焼スパ温泉スタンド「玉鳴号」の詳しい情報はこちら



そろそろ、紅葉シーズンが迫ってきた鳴子ですが、
広葉樹も見るたびに色づいてきていました。
 

鳴子峡 6月上旬撮影 → 鳴子峡 9月下旬撮影 → 鳴子峡 10月上旬撮影
日に日に変化を見せる鳴子峡の景色 (左:6月上旬撮影、中:9月下旬撮影、右:10月上旬撮影)


10月1日から鳴子峡遊歩道の閉鎖されていた区間に、
展望デッキを含む新たなルートが加えられました。

また、行楽シーズンのため、
一部区間に遊歩道の変更や駐車場の規制がありますので、
下記の鳴子峡遊歩道案内図でご確認ください。

鳴子峡遊歩道 案内図(PDF)はこちら

取材日は雨天候のため、残念ながら鳴子峡は閉鎖されていました。
後日、天気のいい鳴子峡の景色をお伝えしますのでお楽しみに!



そらまめ
曽良豆 記
スポンサーサイト
2010.09.07
こんにちは。曽良豆です。

中山平の温泉街や大深沢、別荘地などがある地域は「星沼」地区といい、
この「星沼」については義経にまつわる伝説があります。


昔、現在の蛇の湯一帯は大きな沼で、
沼の水はほとんどなく静かだったそうです。
義経一行がここを通った時、すでに日は暮れ、
星が水面いっぱいに映っていました。

その美しさに義経の妻・北の方が足を止め、
里人に沼の名を聞いたところ「黒森ヶ渕」と答えました。
それを聞いた北の方は、似つかわしくないと思い
鎌倉の星の海からとって「星の沼」と名付けたそうです。
また沼辺から立ち昇る湯けむりをみて義経が、
「星の湯」と称したといいます。

こうして中山平温泉周辺の地名は
「星沼」と呼ぶようになったそうです。
なんとも風情のある温泉地の地名ですね。



そんな風情のある名前を持つ旅館、
星の湯旅館さんを今回はご紹介します。


星の湯旅館
ひのき風呂の宿 星の湯旅館


星の湯旅館さんは、
高原の緑とひのき風呂が自慢の温泉宿です。
旅館の南側に生い茂る高原の緑が、
ひのき風呂からも眺めることができます。

温泉は肌にやさしいうなぎの湯で、
湯上り後もポカポカとしています。
冬は湯上りに外にでても30分ほど
体の温かさが続くそうですよ。


星の湯旅館 ひのき風呂
肌にやさしいうなぎの湯・ひのき風呂

『星の湯旅館』の詳しい情報はこちら



そして、9月6日から2日間、仙台にて開催されている、
東北の「へそ」観光まつりへ取材に行ってきました。

中山平温泉では、
しんとろの湯の手湯体験をはじめ、
地酒「中山平」「大谷川」の試飲、
新商品のゆころんグッズや「ゆきむずび」アイスの販売など
見所満載のブースを出店しています。


中山平温泉・しんとろの湯 手湯体験 新商品「ゆきむすびアイスクリーム」や地酒・温泉卵の試食もできます レンタサイクル1号車も来仙!
9月6日~7日の2日間・勾当台公園市民広場にて開催!


天気もよく大変暑い日でしたが、
中山平温泉の皆さんは暑さにも負けず、
元気に地元のPRをしていました。

曽良豆は早速、
新商品「ゆきむすびアイスクリーム」をいただきました。
濃厚なミルク味のアイスの中に、
お米(ゆきむすび)のツブツブが入っていて新食感!
硬めのお米が口の中でヒンヤリ溶けてとてもおいしかったですよ。


お米のツブツブが新食感!「ゆきむすび」アイスクリーム
新商品「ゆきむすびアイスクリーム」¥250


仙台にいながら中山平温泉を始め、
東北3地域の魅力を120%体感できる
東北の「へそ」観光まつりは、
本日7日(火)16時まで開催しております。
是非、お気軽にお越しください。

『東北の「へそ」観光まつり』の詳しい情報はこちら



そらまめ
曽良豆 記
2010.06.21
はじめまして。曽良豆です。
どうぞよろしくお願いします。


今回は、中山平周辺では欠かせないスポットである、
中山平温泉』をご紹介したいと思います。



中山平温泉街
中山平温泉街



中山平温泉は鳴子温泉の中でも随一の湯量と、
大谷川・たくさんの山々に囲まれた自然、
おおらかな湯治、湯めぐりを満喫できる温泉です。


その中でも私が感じた、中山平温泉の魅力は・・・
なんといっても美肌効果があるということ。

お湯はしんとろしんとろりん~♪
という中山平温泉小唄にもあるように、

とろとろとしたお湯で、
化粧水のような美容液のような。
入浴後はお肌すべすべつるつるです。

やはり温泉街の皆さんも、とても肌がキレイでした。
うらやましいです。めざせ、ゆころんの卵肌!



また、中山平温泉では12軒の温泉宿と1軒の公衆浴場が協力して
湯めぐりスタンプラリーを行っております。


湯めぐりといえば。

6月16日(水)にしょうぶ湯キャンペーンというイベントがあり、
我々、制作スタッフも取材に行ってきました。

公衆浴場「しんとろの湯」にて、
旧暦の5月5日に毎年行っていた「しょうぶ湯」を、

今年は旅館組合と連携し「しょうぶ湯めぐり」として実施したこともあり、
悪天候にもかかわらず、たくさんのお客様が訪れておりました。

菖蒲も近年ではなかなか手に入りませんが、
中山平には菖蒲が自生する豊かな自然があるため、
立派な菖蒲がしょうぶ湯に使われていました。


100%天然温泉かけ流し公衆浴場 しんとろの湯
100%天然温泉かけ流し公衆浴場 しんとろの湯

源泉から木の樋で流すことにより温度を適温に下げてから、浴室へ注がれます しんとろの湯
源泉から木の樋で流すことにより温度を適温に下げてから、浴室へ注がれます。


今回ご紹介した「しんとろの湯」の詳しい情報はこちらまで。


そらまめ
曽良豆 記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。